〒604−8142
京都市中京区錦小路通東洞院東入西魚屋町617
胃腸内科 外科 内科 皮膚科 泌尿器科
呼吸器内科 肛門外科 整形外科 歯科 人間ドック
(代表)TEL 075−211−3651
    FAX 075−241−2932
 
ごあいさつ 外来診療 人間ドック・健診 医師・女医 アクセス サイマティック療法 お問い合わせ
 

 
こもれび
 
関連サイト
健康トータルサポートショップ
クライム
 
※京都府感染症情報センターより
http://www.pref.kyoto.jp/idsc/index.html
■京都府及び全国での定点当りの報告数が多い上位5疾患

<平成31年第10週>平成31年3月4日~平成31年3月10日
感 染 症 名 定点当たりの報告数
京都府 全国
 感染性胃腸炎 4.86 6.07
 インフルエンザ 3.08 4.12
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 1.75 2.86
 伝染性紅斑 0.43 0.54
 RSウイルス感染症 0.30 0.46
   感染性胃腸炎が定点あたり4.86件、その他の感染症も大きな 変化はありません。京都市山科区で伝染性紅斑が定点あたり 1.40件と警報レベルとなっています。全数報告対象の感染症は、 結核が10件、デング熱が2件、侵襲性肺炎球菌感染症・百日咳 と風しんがそれぞれ1件、梅毒が2件報告されました。また、基 幹定点の報告としてマイコプラズマ肺炎が3件、ロタウイルス による感染性胃腸炎が6件、眼科定点の報告として、流行性角 結膜炎が1件報告されました。
 デング熱の報告が1件ありました。蚊が媒介するウイルス感 染症で、3~7日の潜伏期間の後に突然の発熱で発症し、筋肉痛、 関節痛、眼の奥の痛みを伴います。体幹から拡がる発疹を伴い、 7日間ほどの経過で改善することが多いです。国内感染症例の 報告もありましたが、多くは熱帯・亜熱帯地域(特に東南アジ ア、南アジア、中南米、カリブ海諸国)への海外渡航時に感染 したものです。デングウイルスに対する抗ウイルス薬は無く、 症状に応じて鎮痛剤の投与や輸液が行われます。またワクチン もないため、蚊に刺されないように予防対策をすることが重要 となります。
  ※京都府感染症情報センターHPより抜粋
http://www.pref.kyoto.jp/idsc/index.html
 
 
 
 
Copyright(C)2013 Osawa clinic. All Rights Reserved.