〒604−8142
京都市中京区錦小路通東洞院東入西魚屋町617
胃腸内科 外科 内科 皮膚科 泌尿器科
呼吸器内科 肛門外科 整形外科 歯科 人間ドック
(代表)TEL 075−211−3651
    FAX 075−241−2932
 
ごあいさつ 外来診療 人間ドック・健診 医師・女医 アクセス サイマティック療法 お問い合わせ
 

 
こもれび
 
関連サイト
健康トータルサポートショップ
クライム
 
※京都府感染症情報センターより
http://www.pref.kyoto.jp/idsc/index.html
■京都府及び全国での定点当りの報告数が多い上位5疾患

<平成29年第27週>平成29年7月3日~平成29年7月9日
感 染 症 名 定点当たりの報告数
京都府 全国
 手足口病 6.46 5.74
 感染性胃腸炎 5.04 5.26
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 2.21 2.68
 ヘルパンギーナ 0.93 1.50
 咽頭結膜熱 0.64 0.93
  今週は手足口病が最も報告数が多い感染症となりました。定点 あたり6.46件と先週から大きく増加しています。医療圏ごとに みると、中丹東の10.60件、乙訓の9.25件をはじめ南丹、山城 北で警報レベルとなっています。京都市内でも伏見区の 12.29件、右京区の11.60件、左京区の10.00件をはじめ南区で も警報レベルとなっています。 これまでも、手足口病の流行について注意喚起してきましたが、 全国的に流行が続いています。京都府でも大流行した2015年に 匹敵する流行が予測されます。 手足口病は基本的には軽い発熱と水疱性の発疹のみで経過が良 好な疾患ですが、まれに重症化すると髄膜炎や脳炎を合併する ことがあります。高熱が2日以上続いたり、頭痛、嘔吐、呼び かけに答えずぐったりしているなどの様子がみられた場合はす ぐに医療機関を受診してください。 流行拡大を防ぐため、手洗いを十分行い、排泄物の処理は適切 に行ってください。タオルの共用はやめましょう。
  ※京都府感染症情報センターHPより抜粋
http://www.pref.kyoto.jp/idsc/index.html
 
 
 
 
Copyright(C)2013 Osawa clinic. All Rights Reserved.