大澤クリニック

内科 外科 形成外科

歯科 健診・人間ドック

〒604−8142

京都市中京区錦小路通東洞院東入西魚屋町617

(代表)TEL 075−211−3651

FAX 075−241−2932

さまざまな生活習慣から生じる心身の不調を見直し、一人一人の健康のためにあくなき挑戦を続けています。
ごあいさつ 外来診療 人間ドック・検診 医師・女医 アクセス・院内紹介 美肌 フットケア  お問い合わせ

お知らせ

令和5年5月8日より予約診療になります。
診療をご希望の方は、事前に電話連絡等にてご連絡をお願い致します。
※発熱・風邪症状の方は、特別診療枠を設けておりますので、必ず事前にお電話にてご連絡をお願い致します。
【当クリニックで診療を初めて受けられる方もご予約いただけます】
大澤クリニック 外来受付
TEL: 075-211-3651

感染症について

※京都府感染症情報センターより
http://www.pref.kyoto.jp/idsc/index.html
■京都府での定点当りの報告数
<令和6年第17週>令和6年4月22日~令和6年4月28日
感 染 症 名 定点当たりの報告数
京都府 前週比
 インフルエンザ 1.10
 COVID-19 3.28
 RSウイルス感染症 2.39
 咽頭結膜熱 0.79
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 2.29
 感染性胃腸炎 6.00
 水痘 0.14
 手足口病 0.67
 伝染性紅斑 0.03
 突発性発しん 0.24
 ヘルパンギーナ 0.07
 流行性耳下腺炎 0.01
 急性出血性結膜炎 0.00
 流行性角結膜炎 0.28

医療ニュース

定点報告対象疾患の感染性胃腸炎の京都府の報告数は今週6.0件に増加しました。保健所別では、京都市右京区でA群溶血性レンサ球菌咽頭炎の警報レベルが継続しています。咽頭結膜熱は山城南の警報レベルが継続しているほか、乙訓でも報告数が3.75件で新たに警報レベルになりました。
全数報告対象の感染症は、結核が5件、腸管出血性大腸菌感染症が1件、カルバペネム耐性腸内細菌目細菌感染症が1件、急性脳炎が1件、侵襲性肺炎球菌感染症が2件、梅毒が2件報告されました。また、眼科定点では流行性角結膜炎が5件報告されました。
   
感染性胃腸炎にご注意ください
感染性胃腸炎は、夏場は高温多湿であることが影響し、食品中の細菌が繁殖しやすくなり、発症します。京都府でもすでに夏日が観測されていますので、食品管理には注意してください。アウトドアレジャーを楽しむ方も増えるこの時期、食品の十分な加熱処理、生肉生魚等に触れた調理器具の使い分けや十分な消毒や洗浄、手洗いの励行も大切です。
また、嘔吐・下痢の症状がみられた場合は十分に水分摂取をし、脱水を予防してください。飲水が困難な場合は速やかに医療機関を受診しましょう。ご家族などにそのような症状の方が出られた場合は、汚物の処理の際に自身も感染しないよう手袋等を装着したうえで処理をし、処理後の手指消毒も十分に行ってください。