〒604−8142
京都市中京区錦小路通東洞院東入西魚屋町617
胃腸内科 外科 内科 皮膚科 泌尿器科
呼吸器内科 肛門外科 整形外科 歯科 人間ドック
(代表)TEL 075−211−3651
    FAX 075−241−2932
 
ごあいさつ 外来診療 人間ドック・健診 医師・女医 アクセス サイマティック療法 お問い合わせ
 

 
こもれび
 
関連サイト
健康トータルサポートショップ
クライム
 
※京都府感染症情報センターより
http://www.pref.kyoto.jp/idsc/index.html
■京都府及び全国での定点当りの報告数が多い上位5疾患

<平成31年第13週>平成31年3月25日~平成31年3月31日
感 染 症 名 定点当たりの報告数
京都府 全国
 感染性胃腸炎 5.62 5.17
 インフルエンザ 1.55 1.73
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 1.27 2.07
 伝染性紅斑 0.58 0.50
 咽頭結膜熱 0.31 0.34
  感染性胃腸炎が定点あたり5.62件、ロタウイルスによる感染性 胃腸炎が漸増しています。その他の感染症は大きな変化はあり ません。乙訓と京都市右京区での伝染性紅斑は今週も引き続き 警報レベルとなっています。また、水痘は乙訓で定点あたり 1.25件と注意報レベルとなっています。
ロタウイルスによる感染性胃腸炎の報告が多く見られました。 ロタウイルスは特に乳幼児の重症急性胃腸炎の主要な原因病原 体で、ロタウイルス感染症により世界の5歳未満の小児で約50 万人の死亡があるとされています。その多くは発展途上国で 起こっていますが、ロタウイルスは感染力が非常に強いため 衛生状態が改善されている先進国でも感染は多く見られ、生後 6カ月から2歳をピークに、5歳までにほぼすべての児がロタウ イルスに感染し、胃腸炎を発症するとされています。通常2日 間の潜伏期間をおいて発症し、発熱と嘔吐から症状が始まり 24~48時間後に頻繁な水様便を認めます。成人でも感染、発病 しピークは20~30歳代と50~60歳代に認められます。主な感染 経路は糞口感染ですのでオムツの適切な処理、手洗いの徹底、 汚染された衣類等の次亜塩素酸消毒などによる処置が感染拡大 防止の基本となります。
  ※京都府感染症情報センターHPより抜粋
http://www.pref.kyoto.jp/idsc/index.html
 
 
 
 
Copyright(C)2013 Osawa clinic. All Rights Reserved.