〒604−8142
京都市中京区錦小路通東洞院東入西魚屋町617
胃腸内科 外科 内科 皮膚科 泌尿器科
呼吸器内科 肛門外科 整形外科 歯科 人間ドック
(代表)TEL 075−211−3651
    FAX 075−241−2932
 
ごあいさつ 外来診療 人間ドック・健診 医師・女医 アクセス サイマティック療法 お問い合わせ
 

 
こもれび
 
関連サイト
健康トータルサポートショップ
クライム
 
※京都府感染症情報センターより
http://www.pref.kyoto.jp/idsc/index.html
■京都府及び全国での定点当りの報告数が多い上位5疾患

<平成29年第36週>平成29年9月4日~平成29年9月10日
感 染 症 名 定点当たりの報告数
京都府 全国
 感染性胃腸炎 3.14 3.32
 RSウイルス感染症 2.32 3.21
 手足口病 1.49 4.17
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 0.96 1.45
 流行性角結膜炎 0.67 0.98
  手足口病は定点あたり1.49件と増加し今週も京都市伏見区のみ 警報レベルが続いています。 また、南丹において咽頭結膜熱が定点あたり5.20件と警報レベ ルとなっています。 感染性胃腸炎が定点あたり3.14件、RSウイルス感染症が2.32件 と先週から増加しています。流行性耳下腺炎、A群溶血レンサ球 菌咽頭炎、流行性角結膜炎の発生数は大きく変化はありません。 全国から腸管出血性大腸菌O-157による食中毒、死亡例の報告が ありました。腸管出血性大腸菌は75℃で1分間以上の加熱で死滅 するので、十分な加熱は有効な予防方法になります。 しかし、様々な食品や食材から見つかっていることから、食中 毒予防の3原則、つけない(調理前には必ず手洗い)、ふやさ ない(生鮮食品はすぐに冷蔵庫へ)、やっつける(食材を中心 までよく加熱)を常に実施し、腸管出血性大腸菌の感染を予防 しましょう。
  ※京都府感染症情報センターHPより抜粋
http://www.pref.kyoto.jp/idsc/index.html
 
 
 
 
Copyright(C)2013 Osawa clinic. All Rights Reserved.